2017.3.19 東京・渋谷で開催

「フィンランド教育メッセ2017」に学ぶ: 対話型授業でどのように生徒は育つのか?

Elämäプロジェクト初のイベント、大盛況のうちに終了しました!

ご来場いただいた皆さま、一緒に素敵な学びの場をつくっていただき、ありがとうございました◎

今回のイベントでは、ご参加いただいた方の、なんと半数以上が学校の先生など、教育現場にいらっしゃる方々! 

 

そんな皆さまと、私たちが今年1月に参加した、フィンランド最大の教育メッセ『Educa』で議論されていたことを共有し、そこからエッセンスを学び、日本の教育をどのように「対話」という手段を使って、参加された一人一人がよくすることができるのか、「対話」を通して考えました。

当日はこんなお話をしました

【当日、こんなことをお話ししました】

◉フィンランドの教育とは?教育の歴史と現状

◉フィンランド教育メッセ『Educa』とは

◉『Educa』で話し合われていたトピック

 

◉フィンランド教育における「対話」の意義

◉「参加型の学び」とは?どのように実現するか?

◉私たちのイメージとフィンランド教育の現状のギャップ

 

◉ワークショップ:「対話を行う時に、必要なエッセンスとは?」

来場者の皆さまからは、こんな声がありました

「対話をする上で重要なことは、『相手を知りたい』という気持ちを持つこと、自分の中からそういう気持ちが生まれることだと強く感じた」

 

「えりさんが、Educaに参加した直後、「こんな対話を核としたシステム、実現したいけれど、日本では実現できないんじゃないかと絶望感を味わった。」と言っていて、その素直な気持ちをシェアしてもらったおかげで、対話の時間に「素直なことを言っていいんだ!」と感じて、対話にとっての一つのエッセンスがわかった気がしました」

 

「まず、親世代が教育の目的を考えなければいけない。そこから、本当に未来を担う若者が、学ぶ必要のあることがわかってくるんだと思った。」

 

 

「尊重することは、相手を大切にすること、知りたいと思い、この人に輝いて欲しいという言葉、私の想いを言語化してくれたようで、とてもストンと落ちました」