教育をよりよくするために、実践アプローチ・仕組みづくりに取り組むすべての人に向けた

「豊かな人生を支える教育の本質」を探究し、実現することをサポートする

科学的根拠に基づくインプット、プロジェクト型のアウトプット、

そして学びのコミュニティを兼ね備えた、プログラムです。

 

「わたし」と「豊かな人生を支える教育の本質」を考える1ヶ月とは。

自分らしい生き方は自分にとっての幸せをつくり、

一人ひとりの幸せが社会全体の幸せになる。 

 

AIの台頭やオートメーション化、グローバル化が進み、これからも働き方も変化していくことが予想されます。

それによって、「生き方」も多様になり、一つの道があるわけでなく、

自分が幸せで豊かに生きていくためには、一人一人が自分で責任を持って、自らの道を選ぶことが求められます。

 

これを実現すべく、2020年の学習指導要領の改訂の柱に、「対話的で深い学び」の実現が挙げられています。

しかし、そもそも何を目指し、なぜそれを目指すのか、多くの人にとってまだまだ不透明であることが、

なかなか実践できていないことにもつながっています。

  

教育の本質は、人の「豊かで幸せな人生を実現する」ということを、支えること。

フィンランドでは、1970年代以降、常にこの教育の本質を追求し、これをもとに教育理念や実践がつくられてきました。

 

Elämäワークショップでは、フィンランドの教育理念や実践をヒントにしながら、

教育の本質を基づいた、これからの日本での教育理念を「対話」を通して考え、理解を深めます。

そして、自分自身が「おかしいな」と感じる違和感や「もっとこうなったらいいのに」という想いを掘り下げ、

カタチにして行動に起こすことで、参加者みなさんのフィールドで「本質的な教育の実践」をつくることをサポートしていきます。

Elämäワークショップの3つの特徴

―インプット

科学的根拠、事例から学ぶ 

「豊かな人生を支える教育」を実現するためのエッセンスを、様々な理論や事例、そして科学的根拠に基づいたフレームワークを通して学びます。このインプッ トが、皆さんのプロジェクトを実行する上でのヒントになり、ビジョンの実現を後押しします。

アウトプット

『マイプロ』で想いを
カタチにする

「マイプロジェクト(略してマイプロ)」とは、慶応大学SFC井上 英之研究室から始まった、身の回りの社会課題を解決するため の教育手法。<じぶん><身近 にある課題を解決するためのプ ロジェクト><社会>をつなげ、
失敗、成功、変化の全てをコミュニティの中で共有し、支え合い ながら、プロジェクトを
デザインし、実践していきます。 

つながる

対話をしながら、仲間に出会う

職場や職種、生まれ育った背景 が全く異なる
人と仲間になり、 毎回、様々なワークにおいて
対話をし、考えを深めることをサポートし合います。フィードバッ クだけでなく、リソースの提供・ 共有し、互いに応援するコミュニティが、ここにはあります。
 

プログラム内容

今期のElämäワークショップは、長野・小布施での一泊二日のマイプロ合宿と、都内での2回のワークショップの二段構成。

このプログラムでは、より良い教育の実践や仕組みをつくる人自身が、自分にとっての「豊かな生き方」や「幸せ」をふりかえり、

考える中で見えてくる「身近などうにかしたいこと」に対して取り組み、それを社会の文脈とつなげることによって、

「豊かな人生を支える教育」を実現するための初めの一歩を支えます。

 

そのためにこのプログラムでは、「マイプロ」という社会変革メソッドを応用して、以下の4つの要素にフォーカスします。

 

1. 自分を知る

・他者のことを考える前にまずは自分の「生き方」「幸せ」を考える

・1泊2日の合宿で自分と仲間と対話をしながら今までの人生を振り返り、  これからの生き方のビジョンを描くを考え始める

 

2. 聴く力 ―相手を知る―

・相手のことを理解するために、対話の基礎となる「聴く力」を  合宿の落ち着いた環境で身に付ける

・問題解決の上での「コミュニケーション」の大切さを意識する

 

3. 情報の読み方 —社会を知る―

・自分の周りに起きている課題が社会的な課題やパターンを代表することを意識する

・世界中の情報の多様性に気づき、偏らない情報の集め方・読み方を学ぶ

 

4. アクションを起こす

・論理と感情を合わせ「どうにかしたい」「こうなったらいいな」ということを見つける

・小さな変革の始まりになるアクションを起こす

これまでの参加者の声


講師プロフィール

Milla Kumpulainen

生き方・キャリアデザイナー
2014年、フィンランド・タンペレ大学大学院にて修士号取得。 日本の社会史・教育史の研究とフィンランドの教育システムの知識を活かし「世界観」「価値観」「社会構造」 の視点から人の人生や生き方にアプローチする。

下向 依梨

教育クリエイター
2015年、米国・ペンシルベニア大学教育
大学院にて修士号取得。 専門のSocial Emotional Learningと小学校での教員経験を活かし、 「発達心理」「self-awareness」 の視点から人生や生き方にアプローチする。 

プログラム開催詳細

概要

<マイプロ合宿@長野・小布施>

日頃の生活環境から離れ、リフレクティブな学びをつくる仕掛けの詰まった土地「小布施」を舞台に、『教育の本質』を考える上でベースとなる「じぶんの生き方」「じぶんにとっての幸せ」「じぶんにとってのどうにかしたいこと」を、『対話』を通してふりかえり、明らかにしていきます

 

2017年9月9日(土)~9月10日(日)(1泊2日)

 集合:9月9日 12:15 小布施駅

 解散:9月10日 16:30 小布施駅

<場所>

小布施町のワークショップスペース

宿泊:おぶせの風ユースホステル

※宿泊費・3食込み

※集合・解散場所までの交通費は別途かかります

<ワークショップ@東京・恵比寿>

マイプロ合宿で明らかになったことをもとに、具体的なプロジェクトに落とし込むために、情報の読み方やアクションのデザイン仕方などを学びながら、各自のフィールドで小さな変化を作っていきます

 

 

2017年9月17日(日)12:30〜16:30

2017年10月1日(日)12:30〜16:30

<場所>

Eiji Press Lab(英治出版本社5F)

東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F

JR恵比寿駅西口徒歩3分

 


※原則、マイプロ合宿とワークショップを含めた、全3回の参加をお願いしています。

 

■Facebookページで第2期ワークショップの詳細を見る■

受講料
一般 40,000円
学生 25,000円(合宿時に学生証の提示)
※全参加が原則
※表示価格は税込
合宿の宿泊費・3食込み
集合・解散場所までの交通費は別途必要
 
追加募集の参加定員
若干名 
※定員に達した時点で募集を締め切ります。お早めにお申し込みください。

お申込み・お支払い方法は2種類から選べます

 クレジットカード/コンビニなどで支払う

Peatix専用ページよりお申し込み

お支払い

(一般のみ)

 銀行振込で支払う

こちらのお申し込みフォームに記入

振込先が記載されたメールが届く 

(一般/学生)

追加募集締め切り
2017年8月15日(火)23:59
キャンセルポリシー
・87日以降   10%
・821日以降 15%
・828日以降  20%
・95以降    30%
・98以降    50%
・99日以降(一部も含む)100%
主催・お問い合わせ先 
株式会社Live Innovation(Elämäプロジェクト事務局)
電話:03-4405-6760(平日10:00〜18:30)