※2018年3月催行予定でした「Elämäリトリート in 沖縄」は、

都合により2018年5月25日(金)〜27日(日)に変更になりました。

詳細については、後日追ってお知らせいたします。

場所は沖縄。

そこには、心身ともな健康と長寿を支えてきた食、

内省をサポートしエネルギーをくれる大自然、

家族・地域の歴史をつなぎ平和を象徴する泡盛など、

「豊かに生きるためのエッセンス」が数多くあります。

それらの悠久の知恵を体感し、

対話を通してじぶんの示唆を深め、

自らの取り組みをアップデートしていく、

それがElämäリトリート。

Elämäプロジェクトでは、

「一人ひとりの豊かな人生が幸せをつくり、一人ひとりの幸せが社会全体の幸せをつくる」と考え、

これまで、一人ひとりの豊かな生き方の実現を支えている「教育」に着眼し、

その本質を様々なプログラムを通して探究してきました。

 

けれど、そもそも「豊かな生き方」ってなんだろう?

突き詰めた先にあるのは、いつもこの問いでした。

 

これまで人々はどんな工夫を凝らして「豊かな生き方」を実現してきていたのか、その知恵はすでにたくさんあるはず。

その知恵を共に体感し、探究する仲間と、学びを深める旅がしたい。

 

そう考え、このElämäリトリート in 沖縄を企画することにしたのです。

こんな方に来ていただきたい

「人が豊かに生きていく社会をつくること」を目的としたプロジェクト、組織、団体に関わっており、

 その事業に主体的に取り組んでる、

 ・今取り組んでいることが正しいかどうか、確信はあるけど孤独を感じている方

 ・今一度「人が豊かに生きていく社会をつくること」の本質を見つけたい方

 ・沖縄で学びあるリトリート合宿に参加されたい方


Elämäリトリートで体感する3つの知恵

1. 宮廷の薬膳・薬草料理を作り、食べながら、豊かに生きるパワーを感じる

琉球宮廷料理の料理人を長年務めた山城清子さんが営む

薬草・薬膳料理「cafe がらまんじゃく」を訪れます。

「食」がどのように、人が生き、育つ上で重要な役割を担うのか、

また、幸せで豊かな社会をつくっていくために「食」をどう活かすのかを、

清子さんと一緒に料理をつくり、食べながら、ともに考えます。

2. 『泡盛を通して見える「豊かさ」』を発見し、考える

泡盛は、600年ほど前に琉球王府の酒として作られ、

それから古酒を甕で寝かせることで、家族の文化をつなぎ、

コミュニティの中心になってきた背景があります。

どのように泡盛が「人々の豊かな生活」を支え、

また人々の生活がどのように泡盛に反映されてきたのか。

喋ることのできない泡盛に代わって語り紡ぐ、

泡盛BAR「泡盛倉庫」店主の比嘉さんを交えて、

飲みながら、物語を聞きながら、対話します。

3. 沖縄の自然の中でbeingする

太陽、海、風、木、

沖縄・うるま、浜比嘉島の豊かな自然の中で「自分」を感じる時間を設けます。

シーカヤックやサンライズ瞑想を通じて、

目、耳、鼻、舌、肌、脳、心、

全身で沖縄の自然に宿る豊かさを享受しながら

「自分」「生きること」「豊かさ」を感じます。


ナビゲーター

Milla Kumpulainen

生き方・キャリアデザイナー
2014年、フィンランド・タンペレ大学大学院にて修士号取得。 日本の社会史・教育史の研究とフィンランドの教育システムの知識を活かし「世界観」「価値観」「社会構造」 の視点から人の人生や生き方にアプローチする。

下向 依梨

教育クリエイター
2015年、米国・ペンシルベニア大学教育
大学院にて修士号取得。 専門のSocial Emotional Learningと小学校での教員経験を活かし、 「発達心理」「self-awareness」 の視点から人生や生き方にアプローチする。 


主催・お問い合わせ先

株式会社Live Innovation(Elämäプロジェクト事務局)

電話:03-4405-6760(平日10:00〜18:30)

E-mail : elama@live-innovation.co.jp